皮膚科でする脱毛

脱毛を行う皮膚科は、ムダ毛の処理に医療レーザーを使用することが多いです。皮膚科で使用される医療レーザーは大きく分けて二種類のものが存在しており、多くのクリニックではそれらを状況に合わせて使い分けているようです。

 

皮膚科で使用される医療レーザーは、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの二つに分けられます。この機具を使い分けることは結果の差には関係がありませんが、皮膚に面するスポットサイズの違いやレーザー放射時に出る冷却温度の違いなどで機具の特徴に違いがあります。

 

脱毛皮膚科では、放射部分の大きさや肌体質の違いでこの二つの機具の使い分けをしています。ダイオードレーザーに比べると、アレキサンドライトレーザーの方がメラニン色素に強く反応する特性を持ちます。

 

皮膚科に通う脱毛を希望する人の多くは女性ですが、中には男性もいるために、毛の濃さや太さでも機具が使い分けられます。

 

皮膚科で使われるレーザー脱毛で火傷をしてしまうという心配は必要ありません。熱破壊によってムダ毛を処理するという医療レーザーは、皮膚科で数年前から使用され始めたもので、安全な実績結果が出ています。

 

脱毛を行う皮膚科では、医師や看護師が対応してくれたり、皮膚の弱い人でも相談の上施術が受けられるので安心です。